主婦

汚れやすい換気扇は油汚れを落とす本当にオススメな住居用洗剤で掃除

夏の天敵「カビ」対策

換気扇を見る女性

暑さと湿気をためこむな

夏の困りもの、そのひとつは「カビ」ではないでしょうか。暑さと湿気のあるところで爆発的に繁殖するカビは、日本の蒸し暑い夏との相性が抜群。風呂場や洗面台、台所など水回りでは、毎日掃除していても発生してしまいます。特に風呂場は、毎日のシャワーや入湯で部屋全体が常に湿気を帯びており、カビにとって格好の住み家となります。その対策としてキーワードに挙げたいのが「換気扇」「掃除」「洗剤」です。カビは水分がないと繁殖できないため、まず換気扇を回すことによって湿気を奪います。そして石鹸カスや皮脂といったカビの栄養源を風呂用洗剤を使って掃除することで除去。これを隅々まで行うことがカビ発生を回避する最もスタンダードな対策と言えるでしょう。

目に見えないという認識を

「換気扇」を回し「洗剤」を使って「掃除」する。この3つのキーワードに沿って見た目はキレイになりますが、ここで忘れてはならないのは、カビの胞子1つは電子顕微鏡などでしか確認できない小さなものであるということです。この1つがわずかな水分と栄養源をもとに倍々に繁殖します。それは2つ、4つという単位ではなく、万単位です。毎日のように換気扇をまわして洗剤で掃除をしても、わずかな残存カビがベースとなって発生してしまいます。ですので、完全に退治するというのは不可能と認識し、いかになるべく増やさないようにするかというように考えなければいけません。換気扇で湿気を常に外へ追い出し、目の届かないシャンプーやボディーソープの容器の底、排水溝などまで念入りに掃除し、カビを除去するスプレーなどをカビが繁殖しやすい風呂場の死角に噴射しておくと繁殖が抑えられるでしょう。また風呂場の温度を下げるため、使用後に冷水を全体にかけてから換気をするのも効果的だと思います。